関東から北海道に移住した北海道をこよなく愛する管理人(♂アラフォー)が、釧路札幌を車で移動するときに利用するいちばんエコなドライブルートを紹介しています。

釧路札幌ドライブルート

アドセンス 728×90




ルート周辺の話題

【北海道】鹿追町の「パティスリー Loku. 」日本一のパティシエが作るスイーツが食べられます。

投稿日:2017年6月24日 更新日:

北海道 鹿追町 パティスリーLoku.

2009年に鹿追町を代表するレストラン「大草原の小さな家」の隣にオープンしたケーキ屋さん。人口5500人ほどの町で、世界レベルのお菓子が食べられるなんて夢にも思うまい。

併設のカフェでショーケースのケーキをいただくこともできます。遠方まで持ち帰ることができない生菓子は、その場で食べるのが◎。

 

コンテストで日本人最高位を受賞した腕前です

オーナーシェフの中野心吾さんは「大草原の小さな家」オーナーのご子息だそうですが、食に携わるご家庭の出身とはいえ経歴が素晴らしい。

ホームページにのっていた受賞歴は…
2007年 ギャレット・デ・ロワ 日本大会 準優勝
2008年 ギャレット・デ・ロワ 日本大会 優勝
2010年 ギャレット・デ・ロワ フランス大会 第10位

ギャレット・デ・ロワとは、新年を祝うフランスの伝統的なお菓子だそうです。

 

クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワのホームページによると、

”フランスでは、年が明けると、お菓子屋さんやパン屋さんの店頭は「ガレット・デ・ロワ」で埋め尽くされます。

(中略)「ガレット・デ・ロワ」のお楽しみは、このお菓子に隠されている「フェーヴ」(Fève)という小さい陶器の人形が誰に当たるか、ということです。”

人形が当たった人は、その日王様(王妃様)になって王冠をかぶるそう。

また、シンプルがゆえに職人の力量が総合的に試されるということで、フランスではパティシエの審査課題になるお菓子だそうです。

”「ガレット・デ・ロワ」は、クレームダマンドで構成されている一見シンプルなお菓子ですが、職人の技(スキル)と個性がハッキリ出るお菓子で、フランスのM.O.F.(フランス最優秀技術者)検定試験の課題にもなっています。”

中野さんは、2010年のフランス大会で応募総数283点中で10位の成績を収めています。日本人の最高位だそうですよ。

 

 味は日本一でも、値段は庶民的なのがうれしい

北海道 鹿追町 パティスリーLoku. 焼き菓子

そんな背景が頭にあるせいか、ついつい焼き菓子に目がいってしまうんですよね。ここに来たときは、手土産用と自分用の焼き菓子を購入して帰ります。

華々しい経歴のシェフが作っていますが、値段はとても庶民的。わたしが住んでいる町のケーキ屋さんよりも、むしろ安いと思います。

たまには生菓子をいただくことも。ショーケースの中のケーキ、たくさんあって悩みます。

北海道 鹿追町 パティスリーLoku. 生菓子

 

こんなメニューも登場してました。

北海道 鹿追町 パティスリーLoku. パンケーキ

 

生菓子は自宅まで持ち帰りができないので、時間にゆとりのあるときに併設されているカフェでいただきます。こんな景色を眺めながら…。

北海道 鹿追町 パティスリーLoku. 敷地の芝生

 

ギャレット・デ・ロワは12月と1月の限定だそうで、冬道のドライブは気が重くなかなか購入できずにいます。でもいつかきっと!と思ってます。

 

住所:北海道河東郡鹿追町笹川北7線11-3

営業時間:10:00~18:00(カフェはラストオーダー17:00)
定休日:木曜日
電話:0156-66-4666
ホームページ

釧路札幌ドライブルート レクタングル(大)336×280




釧路札幌ドライブルート レクタングル(大)336×280




メニュー(下部)

-ルート周辺の話題

Copyright© 釧路札幌ドライブルート , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.